TOPへ 医療法人社団 苫小牧緑ヶ丘病院
お知らせ/新着情報 病院のご案内 ご利用案内 診療紹介 リンク集 お問い合わせ/資料請求


入退院の手続き

1.入退院の手続きについて2.携帯品など3.入院費用4.診断書・証明書

1.入退院の手続きについて

入院される場合は事務窓口で所定の手続きをなさって下さい。
その場合には次のものが必要となります。
健康保険証等 健康保険証および老人、身障、母子などの受給者証がある場合は必ず提出して下さい。
途中で保険証が変更になった場合などにはすみやかに事務窓口へご連絡下さい。
なお、生活保護法で入院される方は意見書をご持参下さい。
保証書 病院所定の用紙に記入、捺印していただきます。
本人、支払者、保証人にあたる方の印鑑をご持参下さい。
保証金 入院される際の保証金として、20,000円をお預かりいたしております。
事務窓口での入院手続き時にお預け下さい。
退院時に全額お返しいたしますが、精算時に入院費用の一部として組み入れることもできます。
なお、入院中に万一故意や不注意等により病院備品や設備を破損させてしまった際などに、実費見合分の一部にこの保証金を充当させていただく場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
その他 精神保健福祉法にもとづいて、入院形態に応じた手続きが必要です。
手続きについては当院のケースワーカーがお手伝いいたしますのでお気軽にお申し出下さい。
▲ページトップへ

2.携帯品など

当院では、箸、シャンプー、ボディシャンプー、トイレットペーパーの用意がありますので、
以下のものをご用意下さい。
洗面道具一式 洗面器、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、コップ(プラスチック製)、
タオル(2、3枚)、バスタオル(2、3枚)
日用品 スリッパ、運動靴、ティッシュペーパー、筆記用具など
その他 下着(3〜5組)、普段着(3〜5組)、電気カミソリ
※携帯品は必要最小限のものにとどめて下さい。
@寝具について 寝具は基準寝具をご利用いただきますので持ち込みの必要はありません。(入院時に申込書にご記入いただきます)
寝具の洗濯などは当院でおこないますが、ベッドマットの汚れがひどい場合にはクリーニング代をご負担いただくことがあります。
また、破損した場合にも実費をご負担いただきます。
A貴重品について 貴重品や多額の現金は、盗難の恐れがありますので絶対に持ち込まないで下さい。
万一、盗難や紛失があった場合や金銭の貸借等のトラブルについては、当院では一切責任を負いませんのであらかじめ御了承下さい。
Bお小遣いについて 入院中のお小遣いは皆様各自で所持、管理していただいておりますので、保管の際は床頭台の貴重品庫をご利用下さい。
なお、病状によっては1階事務室でお預かりして出納管理をすることも可能ですので、事務窓口または看護スタッフにお申し出下さい。
C持ち込みできないもの ・ライター、マッチなどの火を発生させるもの
・刃物類(カミソリ、ハサミ、包丁、針など)
・薬品類
・刺身など生の食品類
・Dで掲げた以外の電化製品
D電化製品の持ち込みについて 各病棟のデイルームにはテレビ、給湯機等が設置してありますので、下記以外の電化製品はお持ち込みにならないようお願いいたします。

◎持ち込み可能もの
・電気カミソリ
・ラジカセ(イヤホンかヘッドホン付)
これらの持ち込みを希望される方は看護スタッフにお申し出下さい。
▲ページトップへ

3.入院費用
@入院費のお支払いについて 入院費は、月末締めの翌月10日前後に請求書を発行いたしますので、お受け取りいただいた月の末日までに、事務窓口にてお支払い願います。現金書留や銀行振込でもお受けいたします。
ただし、振込手数料やその他手数料は負担いたしかねますので御了承下さい。
なお、退院の際には当日にご請求いたしますので事務窓口でお支払い下さいますようお願いいたします。
A高額療養制度の適用について 1ヶ月(月単位)の医療費の一部負担額が一定金額を超えた場合は手続きにより超過分が払い戻しされます。(なお、国保については高額療養費の委任払い制度を取り扱っております。)
B医療費以外の経費について 入院中は医療費の他に下記の経費をご負担いただきます。
◎食事療養費
◎消耗品費(日常生活に伴う消耗品代)
◎病衣(寝巻)貸与費
◎氏名ゴム印作成費用(ゴム印は退院時にお渡しいたします)
A、Bについての詳細は事務窓口へおたずねください。
▲ページトップへ

4.診断書・証明書
@職場や生命保険会社などへ提出する診断書および証明書は、看護スタッフへご依頼下さい。(有料です)
A記載、証明には数日かかりますので、事前に書類を用意した上でお早めにお申し出下さい。
B退院後のご依頼は事務窓口へお申し出下さい。
▲ページトップへ


個人情報についてお問い合わせ・資料請求
copyright Tomakomai Midorigaoka Hospital All RightsReserved