TOPへ 医療法人社団 苫小牧緑ヶ丘病院
お知らせ/新着情報 病院のご案内 ご利用案内 診療紹介 リンク集 お問い合わせ/資料請求


薬局のご紹介

私たち2名の薬剤師は、入院や外来での調剤、情報の提供、服薬指導等をとおして、皆様が安全かつ有効な治療をうける手助けができるよう努めています。

私たちの業務について
外来時の薬の調剤
当院では院内処方を基本としています。
医師の指示のもと、私たち院内の薬局で薬を調剤してお渡ししております。

最近は医薬分業の推進により、薬は外の薬局で、という病院やクリニックが増えていますが、私たちは当院にいらっしゃる方の経済的、時間的利便性や特殊な薬への対応などを考慮して、現在の院内処方を続けております。
入院患者さんの薬の調剤
複数の粉ぐすりや錠剤を毎日服用することは大変にわずらわしく、さらには朝・昼・夕、寝る前と、いつ服用したらいいのかも忘れてしまい、いっそう面倒になってしまいます。
それを解消して、きちんと服用することが健康を取り戻す重要な要素です。
そこで私たちは、入院患者さんへのお薬は完全一包化とし、お名前をそれぞれの包に印字をしたうえでお渡ししており、少しでも「飲むわずらわしさ」から解放していただけるよう工夫をしています。
院外処方箋の対応について
患者さんのご希望などで院外処方箋を発行することも可能です。
その際、私たちは機械入力時のミスなどを防ぐために監査を実施しています。
さらには入手困難な薬の代替や一包化などの調剤指示の情報を院外の調剤薬局に提供をするなど、病院と院外薬局の連携がスムーズにおこなわれるよう努めています。

なりたくて病気になる人などだれもおりません。
当然私たちの病院にも来たくていらっしゃる方などいないはずです。

私たちは、そのような苦しみ、悩んでいる皆様の不安や心配を少しでも和らげるため、薬に関して伝聞や噂からくる不正確な情報を取り除き、可能な限り正しい情報をお伝えしたいと考えています。

また、来院される方の身になって行動をし、その気持ちをしっかりと受け止めて日々の業務に努めていきたいと考えております。
薬に関することは何でもお気軽にお尋ね下さい。

薬をご自分の判断で飲むことをやめることは、健康回復の大きな妨げとなるばかりか、いっそう病状を重くする原因にもなります。
なぜ今、薬がでて飲まなければいけないのか、といったようなことから手始めに最善の薬との付き合い方を当院で見つけてください。
そのお手伝いを私たちにさせていただきたいと考えています。



個人情報についてお問い合わせ・資料請求
copyright Tomakomai Midorigaoka Hospital All RightsReserved