TOPへ 医療法人社団 苫小牧緑ヶ丘病院
お知らせ/新着情報 病院のご案内 ご利用案内 診療紹介 リンク集 お問い合わせ/資料請求


リハビリテーション部

訪問看護について

病院を退院した患者さんや現在通院中の患者さん、または退院後通院を中断している患者さんのもとへ直接看護師やケースワーカーが訪問して、患者さんの抱えている様々な問題を、患者さんや御家族と共に考え、医師の指示に基づいて援助してゆく事業です。
訪問看護の目的
・退院後の治療に対する状況・家庭生活・職場での状況・地域との関わりなどを把握し、信頼関係を築きながら援助します。
・治療や看護を継続する事により、病状悪化などに対して早期に対処することが可能となり、患者さんや御家族の負担を軽減することができます。
・入院・外来・家庭・職場など一連のネットワーク作りが可能となります。
・様々な社会資源を活用し、社会復帰の足がかりができます。(保健所・福祉関係施設・社会復帰施設・職親)
・当院のデイケアとの連携が可能になります。
訪問看護を受療するには
・入院中の患者さんや御家族には退院日が決まり次第、医師または看護師、ケースワーカーより御説明いたします。
・通院中または通院中断の患者さんや御家族には、ご相談いただきましたら医師及び外来看護師、ケースワーカーよりご説明いたします。
・患者さん、御家族の同意が必要となりますので、訪問看護を希望する方は、医師、看護師、ケースワーカーに申し出て下さい。
訪問回数および時間について
・回数〜ご希望により選択することができます。
・時間〜できるだけご希望に沿うようにいたしますが、人数の関係などその都度、お互いに相談をして決めたいと思います。
費用について
・各種健康保険、生活保護、自立支援医療制度が適用になります。
その他
・スタッフは普通乗用車、普段の服装で訪問いたします。
・長期間の経過をたどる疾病に対して、訪問をして日常生活のアドバイスや治療や看護についての情報を提供することはとても重要なことです。
ぜひ、訪問看護制度をご活用下さい。


個人情報についてお問い合わせ・資料請求
copyright Tomakomai Midorigaoka Hospital All RightsReserved